あなたの画廊のファンを増やして
月に2点、50万円以上の作品が
売れるようになりたい
画廊オーナーは他にいませんか?

 

  • お客様が作家と一緒に流れて画廊についてくれない・・・
  • 問い合わせが月に3、4件増えてくれたら・・・
  • セカンダリーを月に2点は安定して売りたい・・・
  • 市場に振り回されずに、50年後も残る作品を買ってほしい・・・
  • 人気作家を企画しても、来るお客様がうちに合わない・・・
  • お客様の層が変わったので、お客様の獲得方法変えないといけない・・・

 

  

これは私のクライアントや、多くの画廊さんが抱えている悩みです。

せっかくいい作品があるのにもったいない・・・。

私がいつも画廊さんのウェブサイトを見ていて、残念に思うことです。

なぜなら、売れる作品があるのに、その情報は、

本当にその作品を好きになって 買ってくれる人に、実は届いていないことがよくあります。

もし届いたとしても、その魅力が十分に伝わっていないことも・・・。

残念ながら、お客様が あなたの画廊を知らなければ、その作品は存在しないも同じ

お客様は、あなたが選んだ作品を手にすることで、得られたはずの喜びを得られないのです。

 

もちろんあなたは、ただお客様を待っているだけではなく、集客や情報発信の努力もされていると思います。

広告もDMも送ってる

フェイスブックやインスタグラムに投稿もしてる

ホームページも検索にかかるようにしてもらった

作家にも宣伝してもらってる・・・

それでも上手くいかないのに、他に何をすればいいって言うんだ!?

と思ってしまいますよね?

 
実は、集客には2つの落とし穴があります

 
1つ目は、お知らせをしても、既存客にしか届いていないことがほとんどです。

その中でも、購買に繋がるお客様はどれくらいいるでしょうか?

そしてそんな方達でも、届いた案内が魅力的に見えなければ、忙しい日々の中、わざわざ予定を入れて見にいこうとは思いません。

ポイントを押さえた案内になっていなければ、紙面やホームページで作品の本当の良さは伝わりづらいものです。

 
2つ目は、「望まないお客様」がたくさん来てしまうこと。

お客様の質が悪いとかではなく、単純にあなたの画廊に合わないお客様が来てしまうということ。

広く告知をしたことで、「見るだけ」のお客様が増えてしまったり、末長くお付き合いしたいお客様ではなかったり・・・。

画廊としては、将来作品を手放す時も、あなたの画廊に来てほしいですよね?

 
この二つの問題は、

価値のわかるお客様 に作品や画廊の 価値を100%に近い状態 ダイレクトに届ける

ことで解消されます。

これは、画廊オーナーであるあなたが、いつも送っているDMが果たす役割です。

既存のお客様=価値のわかるお客様 のご自宅に直接案内が届くわけですから、ダイレクトに届きますよね。


「良い作品でも、売れるものと売れないものがあるんだよ」という声が聞こえてきそうです。

確かに、DMハガキやパンフレットだけでは、情報量も少なくて魅力が十分に伝わらないですよね。

毎回しっかりしたカタログを作るわけにもいきませんし、色もテクスチャも違いますし、ディテールも、臨場感も十分には伝わりません。

あなたのようなプロやコアなコレクターならいいかもしれませんが、ほとんどの方は素人です。


では、日本のアート好き人口に一人あるいは世界のアート好き人口に一人

この作品がほしい!実際に見てみたい!」と言ってくれるお客様がいたらいかがでしょうか?

そう言われると、売りにくい作品でも希望が見えてきませんか?


DMハガキは、知らないお客様に案内を届けることはできません。

ですが、ネット上なら日本全国、世界中に届けることができます。

 

「お客様の層が変わってしまって、昔のように画廊を回る人が減った・・・
 うちも扱うものを変えていかないと・・・」

というお話もよく伺います。

確かに世代交代は起こっています。ライフスタイルも価値観も変わりました。

ですが、扱うものを変えることが本当の解決策になるでしょうか?

時代や価値観は今までにないスピードで変化し続けていきます。

今、あなたが取り組まなくてはいけないのは、商品を変えること以前に、ネットでの販路をしっかり作ることではないでしょうか?

  
ネットね〜。ネットだって十分に伝わらないよ。集客できても売れないでしょ?

と思いませんでしたか?もちろん100%は伝わりません。

 

ですが、ネットはDMやパンフレットに比べて 情報量を圧倒的に増やす ことができます。


そして、ここ数年で絵画作品のオンライン販売サイトが増えています。

Tagboat美術手帖singulartなど他にもたくさん新しい販売サイトも登場していますし、今はNFTが話題になっていますよね。

昨年から続々と画廊さんもオンラインショップを開設しています。


5年以上前からオンラインショップを展開されているクライアントの画廊さんの中には、

「コロナ前に比べて、ホームページからのお問い合わせは3倍になった

「昨年より2倍は作品が売れている

「年に数回お問い合わせがある程度だったが、昨年から月に1、2件の問い合わせがある

というところも少なくありません。

 

オンラインショップを展開されていなくても、

「最近はTwitterが熱いんだよね」

「インスタグラムに載せると海外のコレクターがすぐに買ってしまう。コレクターは情報をネットで集めてるんだよね。」

という話をあなたも聞いたことがあると思います。

今、お客様が 絵を探そうと思ったら、確実に ネットに流れて行きます

私たちがコロナ前に緩やかに感じていた、メディアに対する価値観のシフトがコロナ禍で急激に加速しました。

お客様も、ネット上で物を買う抵抗は、若年層だけでなく、年配の方でも格段に下がっています。

 

クライアントである老舗古美術店の繭山龍泉堂では、

ホームページのショップに毎月5点、品物を掲載されています。

そして、月に2〜3点は売れています

もちろん、ボタンを押して購入するのではなく、

メールや電話でお問い合わせいただいて、

実際に品物を見てから購入されるのですが、

100万円以上の品物も多いです。

 

作品について お問い合わせ」をいただいて 実際に本物を見てもらう、という流れは、

高額な作品を扱っている 画廊の理想的な販売方法 ではないでしょうか?

 

 

 

では、ネット上で 

価値のわかるお客様 に作品や画廊の価値を100%に近い状態で ダイレクトに届ける には、どうしたらいいでしょうか?

 

それは、あるシンプルな方法を使って

あなたの画廊とお客様を相思相愛でマッチングさせて、画廊のファンになってもらうことです。
 

明治以降の日本画から洋画を扱う孔雀画廊さんは、

「せっかく作品を買っていただいても、そのままうちでお預かりしているケースもあって・・・。

もっと一般の方にも絵を楽しんでもらえたらいいのに・・・」とお悩みでした。

この方法で新たな顧客を開拓し、40代の若いご夫婦に

「自宅に飾りたい」と土田麦僊の掛軸を気に入って買っていただくことができました

本当に絵を気に入って楽しんでくれる人に買ってもらいたかった!若い感性のある方に買ってもらえるのは、うちではとても珍しいケース。」と、

やり方を変えるだけで、出会うお客様が変わることを実感いただいて、今もやりがいを感じながら実行されています。

 


今回、この方法をお伝えするワークショップを開催することにしました。

ネットや集客に関する専門的な知識は必要ありません。

ネットが苦手な方でもわかりやすいように、専門的なお話は避け、実践に落とし込めるような内容となっています。

 

明日からできる!
あなたの画廊のファンを増やして、
お問い合わせを2倍に増やす3つのステップ

  
このワークショップにご参加いただくと、このようなことがわかるようになります

  • 集客の心配をせずに、お客様に自ら画廊を見つけてもらうプロセス
  • 品が求められる 画廊にこそ向いている、 自然な集客方法
  • 3ヶ月弱で1000フォロワーを2700フォロワーに押し上げた、シンプルで強力な戦術
  • ネット集客が上手くいく人と、いかない人最大の違い
  • 画廊に向いている集客と、向かない集客
  • あなたの画廊のファンになるお客様を集めるたった1つの条件

 

あなたの画廊と他の画廊では、扱う作品も状況も異なります。それぞれの画廊に合った内容で進められるよう、ワークショップは各回1名様とさせていただきます。(スタッフ同席可)

 

そして、このワークショップは、通常6,600円ですが、

今回 50%オフ3,300円(税込)で開催します。

なぜ50%オフにしたのか・・・。

私も画家を目指していました。素晴らしい作品を扱っている画廊にもっと頑張ってもらって、少しでも多くの人にアートのある生活を送ってもらうことで、最終的に作家が頑張れると思っているからです。

 

ワークショップ日程

 

開催日(所要時間2時間30分):(各回1名様)

  • 9月18日(土)10:00〜12:30
  • 9月18日(土)14:00〜16:30

  • 9月19日(日)10:00〜12:30

  • 9月20日(月)10:00〜12:30
  • 9月20日(月)14:00〜16:30 満席

  • 9月21日(火)10:00〜12:30
  • 9月25日(土)10:00〜12:30
  • 9月25日(土)14:00〜16:30

  • 9月26日(日)15:00〜17:30

  • 9月27日(月)15:00〜17:30 満席

  • 9月28日(火)10:00〜12:30 満席
  • 9月28日(火)14:00〜16:30 満席

 

会場:Zoomにて
(Zoomは使ったことがなくても大丈夫です。ご利用方法は、お申し込み後にご案内いたします)

参加費:6,600円(税込)

このページからお申し込みの方限定
参加費:3,300円(税込)

 

お申し込みは
下のボタンをクリックし、ご希望の日時を選択し、お名前、メールアドレスをご記入の上、お申し込みください。

↓↓↓↓↓↓

あなたの画廊のファンを増やして
お問い合わせを2倍に増やしたい画廊オーナーはここをクリック

  1. ご希望の日時を選択
  2. 次の画面でお名前、メールアドレスを入力し、「申し込む」ボタンをクリック
  3. 決済画面で決済を行ってください。
  4. 予約完了決済完了2通メールが届きますので、詳細をご確認ください。

 

 

ご注意
  • 2時間30分ご参加いただける方に限らせていただきます。
  • ご本名でのご参加をお願いいたします。
  • お顔が見れる状態でのご参加をお願いいたします(zoomのビデオをオン)
  • 資料もございますので、可能な限りパソコンかタブレットでのご参加をお願いいたします。

 

 

最後に、昨今のアートフェアの集客状況や、一般社団法人 アート東京の「日本のアート産業に関する市場レポート2019」、文化庁の「アート市場活性化WG」など、今後画廊のマーケティング戦略が大きな格差を生んでいきます。アナログではお商売が上手な画廊さんも、ネット上で勝負していかなくてはなりません。その基本をお伝えすることで、少しでもアートの普及に貢献できればと思い、私が学んできたマーケティングや画廊さん、古美術商さんとお仕事していく中で得てきた知識をお伝えするために開催することにしました。

 

 

プロフィール

小野瀬裕子

 
東京造形大学 美術学科絵画科卒業。2008年よりStudio Hart としてデザイン業を開始しました。

銀座、京橋、日本橋の一流の美術商の方々と携わらせていただき、ホームページやカタログの制作を手掛けてきました。

アートイベント「東京アートアンティーク〜日本橋・京橋美術まつり〜」で11年に渡り広報、印刷物、ウェブを担当する中、集客に必要なマーケティングや広報について多くの時間とお金を投資して勉強するも、SNSのフォロワーも身内だけ、という手応えのない状態が続いていました。

しかし、あることにフォーカスして広報を進めると、Facebookのフォロワーが徐々に増え、2020年には2ヶ月半で1000人から2700人に一気に増やすことができ、コメントやメッセージも増えるようになりました。

ホームページを見て来廊してくれて、作品が売れた」「購買意欲のあるお客さんが来るようになった来るお客さんが変わってきた気がするというお声をいただけるようになりました。

現在は、美術業界で求められていた綺麗なだけのウェブサイトでは意味がない!と画廊にファンをつける専門家として、アートをたくさんの人に届けるサポートをしています。

画廊とその先のお客様が、共に豊かなアートのある未来を、一緒に目指して行きたいと思っています!

  

 プライベート
3匹の猫、夫と神奈川で暮らしています。
趣味は着物と美術鑑賞。最近は、ちょっと頑張って古美術品(まだ「骨董」の域ですが・・・)や小さなアート作品を購入することも。実際に買う側に立つことで、コレクターに育っていくお客様の心理を身をもって感じている最中です。

夢は

  • 熊谷守一の作品を1点所有すること(値段を聞いてびっくり!!夢は大きく!笑)。
  • 一般の方にも良い作品を手元に置いて楽しんでもらうこと。
  • 子供の頃から本物のアートに触れられる、アートのある生活が当たり前になってくれること。

 

 

  あなたの画廊のファンを増やして、
お問い合わせを2倍に増やしたい画廊オーナーはこちらをクリック
 

  

 

©️Studio Hart 2021. All rights reserved. 特定商法取引法に基づく表記.